プレイエル ピアノ 買取

プレイエルのピアノを高く売りたいとお考えのあなたへ…

 

 ショパンが愛用した、由緒正しきピアノメーカー「プレイエル(PLEYEL)」。残念ながら生産中止に追い込まれてしまいましたが、軽やかな鳴りで、理屈では語れないまさに”芸術的”な製品は、今でも世界中で愛されていますね。今後希少価値が増してくる可能性がありますし、中古品でも高額で取引されているピアノブランドの一つです。年代・状態で価格にかなり幅があるため金額は一概に言えませんが、不要なプレイエルピアノがあれば、かなりの高値で売れるチャンスですよ。

 

 ただし、買取店選びは大切ですよ。希少な外国ブランドのピアノですから、買取価格は業者によってかなり差が出てきます。リストア技術に優れ、海外も視野に入れた販売経路を持っている業者ならかなり高値で買い取ってくれる可能性が高いです。当サイトでおすすめなのは、「ピアノ一括査定サイト」を利用すること。お住いの地域で、あなたのプレイエルピアノを一番高く買ってくれる業者がスグにわかるサービスです。申込みは簡単ですし、査定連絡はメールでもらえるので楽々・安心。利用しない手はありませんよ。下記のリンクより詳細をご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

オススメの一括査定サイトはこちら!

▲プレイエルのピアノ、1円でも高く売るならココから!▲

プレイエルのピアノひとくちコラム:独特のピアノづくりで世界中のアーティストを魅了してやまないプレイエル(PLEYEL)のピアノ。1807創立のパリのピアノメーカーです。創業者は優れた音楽家だったため、演奏者の立場から魅力的な響きを追求。見た目も重視し、弦長を長く作っているため、弦が細く、理論的には倍音があまり美しく響かないはずなのですが、まさに芸術的な明るいサウンドを奏でます。共鳴板にはクレモナ産を使用していて、軽い響き。創業者の息子のカミーユとショパンが仲良かったこともあり、「ショパンが愛したピアノ」として有名に。サウンドは、ショパンのリクエストを聞き入れた結果だと言われており、以後の名声を不動のものとしています。経営難のためドイツの会社に買収され、また後に、アップライトピアノの生産を中止。最後はグランドピアノの受注生産のみになりましたが、それも2013年ごろに停止に。一部のピアノは博物館に展示されるほどのブランドですので、大変惜しい話です。中古品であってもかなり高額で取引され、国産の新品ピアノが余裕で買えるほどの金額のものも少なくありません。もしご自宅に弾かなくなったプレイエルのピアノが有るなら、ぜひ買取店選びは慎重に!かなり高額な取引になる可能性がありますので、複数の買取業者に相見積もりを取るのは必須と言えるでしょう。当サイトで紹介している一括査定サイトをご利用いただければ簡単で安心です。ぜひ、当サイトの情報がお役に立つことを心より願っております。