アポロ ピアノ 買取

アポロのピアノの売却をお考えのあなたへ…

 

APOLLOピアノは日本の高い技術力が詰まったピアノ!
知名度がちょっと低めの「アポロ」のピアノ。でも、実は世界でも高い評価を受けている日本の「東洋ピアノ」の技術力が結集された高品質なブランドです。アップライトピアノでもグランドに近い演奏が楽しめるSSS(スライドソフトシステム)などの独自技術も採用し、職人が手作業で仕上げるピアノはコストパフォーマンスの高さから長く愛用している方も少なくありません。中古でももちろん需要がありますし、型番によってはかなりの高値で買い取ってもらえるかもしれませんよ。

 

少しでも高く売りたいならぜひこのサービスを!
ちょっとマイナーなブランドのピアノは業者によってかなり買取価格が違います。海外で高く売るルートを持っている中古店なら、必然的に買取価格も高くなりますが、店頭販売のみの中古店なら、値段を下げざるを得ません。「アポロ」のようなピアノは、買取業者によって10万円以上価格に差が出ることすらあるんですよ。そこでおすすめなのが、「ピアノ一括査定サービス」を利用すること。お住いの地域でアポロのピアノを一番高く買ってくれる業者がすぐに判明しますよ。しつこい勧誘もなく、申込みは数分で終了。連絡はメールで貰うことが出来るので安心して利用できます。下記リンクより今すぐ詳細をチェックしてみてくださいね。

 

オススメの一括査定サイトはこちら!

▲アポロのピアノを最高値で買取してくれる業者は?▲

アポロ(APOLLO)のピアノ、ひとくちコラム:APOLLOは、1948年に東洋ピアノにより設立されたブランド。大きな特徴としてスリーエスアクションの採用が挙げられます。従来のアップライトピアノは、グランドと構造的に異なるため、速いトリルのときに反応が鈍かったり、ソフトペダル使用時の音色に優劣があったりしました。SSSアクションのピアノはこの点を構造的に改良しているため、音の反応が早く、タッチも跳ね返りが素早いので速いパッセージにも対応、ソフトペダルの音質も自然でわざとらしくないものとなっています。プロの音楽家からも高い評価を受けているので、密かに人気(?)のピアノです。グランドピアノでは「A20 Imperial」や「A30 Imperial」などのモデルがありますが、共にドイツ製のフェルトハンマーやレスローミュージックワイヤーを採用しており、深く味わいのある音色を楽しめます。SSSアクション採用のアップライトでは「A133M Imperial」や「A133W Imperial」などがあり、見た目も自然の木の味わいを活かした塗装で高級感が際立ちます。お子様のために、ハローキティピアノやマイメロディピアノなどの日本ならではのキャラクターをあしらったピアノも人気ですし、SSS非採用ながら「A3-PIERRE」や「PrincessLily」「A120 Imperial」なども高く評価されていますね。いずれにしても中古市場でも根強く需要が続いているブランド。ただし、買取店選びは大事ですよ。一括査定サービスを利用して、賢く高値で買取ってもらってくださいね!