ワグナー ピアノ 買取

ワグナーのピアノを少しでも高く売りたいあなたへ…

 

 ワグナー(WAGNER)は昭和30〜40年台のピアノブームのときに活躍した「東洋楽器製造」が製造していたピアノのブランドです。響板には竪琴を構えた男性の豪華なイラストが描かれ、当時の職人の心意気を感じますね。ヤマハと張り合えると言われたブランドで、職人が手作りで作り上げるピアノには妥協がなく、今のピアノでは考えられないぐらい良く鳴るものもあります。練習用だけではもったいないくらいのこだわりのピアノで、今でも高値で取引されているブランドです。古いので状態があまり良くないものもあると思いますが、作りがしっかりしていますので少しの手入れでまた復活することも多いです。高値で買い取ってもらえると思いますよ!

 

 すこしでも高く売りたいなら、当サイトで紹介している「ピアノ一括査定」のご利用をおすすめしますよ。特に、ワグナーのような少しマイナーなピアノになってくると業者によって買取価格に結構差が出てしまいます。なので、複数の業者に見積もりを依頼することが必須ですが、これが自分でやるとかなり面倒くさいのです。この点、一括査定なら楽ちんです。連絡もメールで来るようになっていますので、煩わしい電話対応すら必要なく、利用も無料。予め、お住いの地域で信頼できる業者に絞り込んでありますので安全面でもより安心なんですよ。申込みは数分でできますので、下記リンクより詳細を確認してみてくださいね。

 

オススメの一括査定サイトはこちら!

▲ワグナー(WAGNER)のピアノを最高値で買取る業者が見つかる▲

ワグナー WAGNERひとくちコラム:まさに職人のブランド。広島浜松にありました。ピアノは本当によくできている本物の木の楽器で、昭和30〜40年といえば輸入品はかなり高額で取引されていましたが、それでもドイツのレンナー製のアクションを始めとして本場のパーツを存分に使用し、職人が細部まで妥協なく組み上げています。芯がしっかりと有りながらもふくよかな響きが楽しめ、当時の価格も高額で高級品です。残念ながら大量生産になる前に倒産してしまいましたが、品質へのこだわりが商売よりも優先されてしまった結果と言えるでしょうね。ピアノと言えばヤマハかカワイと思っている方も多いですが、ワグナーのピアノはタッチもサウンドも全く引けを取らず、あたりの筐体なら直感でわかるレベルに素晴らしい音のものもあります。なのに、マイナーなブランドなだけに一般の買取業者なら値段がつかなかったりすることも・・・。高額で買取ってもらえる可能性もありますので、ぜひ一括査定を活用してみてください。