大橋ピアノ 高値買取

大橋(OHHASHI)のピアノを少しでも高く売りたいなら…

 

 徹底して最高品質のピアノにこだわり続けた大橋ピアノ(OHHASHI)。廃業までの間、たったの4639台しか生産されなかったため、”幻の名器”とも呼ばれています。創業者の大橋幡岩が理想としたベヒシュタインにも肉薄する音色とタッチは今でも一級品と称され、多くの人に愛されています。中古市場でも人気が高く、高値での買取が期待できるブランドのピアノです。ただし、お店選びは重要!少々マニアックなピアノのため、お店によって買取価格にかなり差があるのが現状。お店選びを間違えると、安値で買い叩かれたりしてしまう可能性もありますよ。

 

 そこでオススメなのが、「ピアノ一括査定」を利用すること!当サイトでご紹介しているサービスなら、査定の連絡をメールで受け取ることが出来るため、しつこい勧誘の心配がなくとても安心ですよ。お住いの地域で、あなたの大橋ピアノを最高値で買取ってくれる業者が一発で判明します。利用は完全無料。申込みはサイトから数分で完了。査定連絡はメールでもらえるので、気に入った業者があれば買取を申し込んでみてくださいね。キャンセルもOKですので、一度公式サイトから詳細を確認してみてください。このサイトがあなたのお役に立つことを心より願っております。

 

オススメの一括査定サイトはこちら!

▲大橋ピアノを最高値で買取る業者はどこ?▲

大橋ピアノひとくちコラム:静岡県浜松市の一角で木造2階建ての小さなピアノ工房を営んでいた大橋ピアノ。「OHHASHI」というユニークな綴も特徴的ですね。国産ピアノで初めて世界水準に到達したと言われる「ディアパソンピアノ」の創業者でも有る大橋幡岩の理想を体現したブランドと言えるでしょう。幡岩さんは設計から制作までピアノのすべてを知り尽くした天才職人。設計図を見たら音がわかるとさえ言われた大橋氏のこだわりの結晶とも言えるピアノたちは、他のブランドとは比較にならないほどの素晴らしい鳴りを聞かせてくれます。昭和30年台、ピアノが一大ブームとなり、機械生産へと偏っていく中、あくまでも職人しか作ることしか出来ない理想の音を追求。「鉛筆と紙さえあればピアノは出来る」という名言でも知られています。ネジ一本の品質までこだわり抜いたピアノは知る人ぞ知る高音質ピアノとして、製造中止になった今でも根強い人気があります。材料には全く合板を使わず、共鳴板には北海道産のスプルースを使用。今でもココまでこだわり抜いたピアノを見つけるのは非常に難しいといえるでしょう。この価値をわかっている業者ならちゃんと高値で買い取ってくれる可能性が高いので、ぜひ一括査定を利用して高値で売却してあげてくださいね。