イースタイン ピアノ 買取

イースタインのピアノの買取先をお探しなら…

 

味わい深さが魅力のイースタインのピアノ
昔ながらの手作業を大切にしながら大手メーカーにはない味わい深い響きのピアノを生産していたイースタイン(EASTEIN)。他社では量産で機械的に製造するようになった1970年代でも、常に職人の手作りにこだわり続けていました。今では知名度があまり高くありませんが、一部の方からは熱狂的に支持されていて、わざわざ探してお求めになる方もいらっしゃいます。透明で明るい音色でよく鳴るピアノが多く、今でも調整すれば高級ピアノにも負けない音色を奏でます。状態によりますが、中古でもちゃんと値段がつく可能性が高いピアノですよ。ただし、買取店選びは大切。古いピアノの再生・販売に実績のあるところを選ばないと、無料引き取りや有料処分にもなりかねません。

 

1円でも高く売りたいならこのサービスを!
イースタインのようなマイナーなピアノは、買取店選びがとっても大切。そこでオススメしたいのが、ピアノの「一括査定サイト」を利用すること。お住いの地域で、あなたのピアノを一番高く買ってくれる業者がすぐにわかります。ピアノはメーカー・型番でほとんど値段が決まってしまうため、ネットでの簡単な申込みだけで大体の値段が判明するんですよ。メールで連絡をもらえるので、電話対応の必要もなし!煩わしさもなく、楽ちんです。気に入った業者があれば、連絡をとって買取を申し込んでみてくださいね。利用は完全無料ですので、ぜひ利用してみてくださいね。詳細は下記のリンクより今すぐチェック!

 

オススメの一括査定サイトはこちら!

▲イースタインのピアノを最高値で買取してくれる業者は?▲

イースタイン(EASTEIN)のピアノ、ひとくちコラム:今でもマニアックに愛され続けているイースタインのピアノ。職人の妥協のないこだわりで、素晴らしい響きのピアノを作り続けていました。創業者松尾新一の思想が色濃く経営に反映され、頑固一徹で手作りを貫こうとしたものの、経営者交代後うまく行かず、1990年に廃業してしまいました。ゼロからスタートして「名器」と言われるピアノを作り上げ、そのこだわり故に華々しく散ってしまった、特筆されるべきメーカーなんですよ。アップライトはU型、C型、N型、E型などがあり、他にもブリュートナーに似た作りの「B型」とベーゼンドルファーに似た作りの「T型」があります。徹底してオリジナルに似せた作りにこだわっており、ただの模倣ではなく独自の技術を活かして素晴らしい響きのピアノを作り上げていました。60年代のモデルであっても、オーバーホールされたものは他社の安価な新品ピアノが買えるほどの価格で取引されており、今でも需要が耐えません。手作りメーカーであるのにグランドピアノも製造していたというところにも突出した技術力が窺い知れるのではないでしょうか。ご自宅に、弾いていないイースタインのピアノがあればぜひ一括査定で見積もりを出してみてもらってくださいね。ひょっとすると意外な高値で売れるかもしれませんよ!